援交掲示板を愛用しています。以前は都内に住んでいましたので、その頃は援交掲示板で見つけた少女と週末を楽しく過ごしていました。まるで恋人代わりと言っても良かったと思います。
しかし転勤で兵庫県に移ってからは、馴染みだった少女たちと別れて一緒に楽しい週末というわけにいかなくなったのです。兵庫県は地域差が激しくて私の住んでいる地域はあまり援交少女がいません。
やっとの思いで援交掲示板に書き込まれた募集を見つけても、既に誰かと約束してしまっているケースが多く悲しい思いをするのです。「暖かい部屋もありますし、ご飯も美味しいところに連れていきますよ。
「お小遣いも渡せます」と連絡しても「すみません、もう神様を見つけてしまいました・・・」となるのです。これだけ競争率が高くなると、細かなテクニックよりもやはり誰よりも早く連絡を取ることが大切になります。
これが出来ない神様は指を咥えて見ているしか無いのです。逆に言えばテクニックなどは必要なく、とにかく最初の競争にさえ勝ち抜けば一気に援交少女が自分のものになる環境だと言えるでしょう。
しっかりとマメに掲示板をチェックして募集を見つけること。そして素早い連絡を取ること。これが兵庫県で援交少女をゲットするための絶対的なコツになるのです。

富山県に住んでいる独身男性です。富山県に住みだしたのは此処数年のことですが、どうしても一人暮らしということもあり、寂しさを感じる時には援交掲示板を使って相手を探し孤独を紛らわしています。
実際に援交掲示板を覗いてみても、私と同じように孤独を抱えている少女が沢山います。彼女たちは何らかの事情で家出したりしてて、その多くはまだ少女と言える年齢です。
それだけに大人に対して反感を持ちつつも、何処かで理解して貰いたいと考えているのです。そのため私は「僕だけは君のことを理解してあげられる」というスタンスで援交少女に接するようにしています。
すると援交少女は私に対して気を許す部分が出てくるのです。実はこうやる以前は、経済力だけを前面に出して「何でも買ってやる!」くらいの感覚でいました。
しかしそれでは援交少女を捕まえることは出来なかったのです。そして彼女たちの境遇を思いやった時に、初めて今のスタンスを思いついたのです。
この形でアプローチを行うようになって以降、富山県というけっして援交少女の多くない地域でも、見事に寂しさを紛らわすのに成功しています。
相手に対する共感を持って、寂しさという共通点を話することで、驚くほどに相手は心を開いてくれるのです。

私は彼女のいない22歳の男性です。大分県に住んでいます。最初は同棲できる彼女が欲しくて、そんな人を探す目的で援交掲示板を利用し始めました。
しかし最初の目的はどこへやら・・・最近では単に援交少女を保護するためだけに利用しているような状態になっています。
大分県の場合は、皆さんも簡単に想像できることだと思いますが、都内のように家出する少女は多くありません。
それでも真夏の夜を行くアテ無く、公園で過ごしているような女性はいるもので、そんな女性を援交掲示板で見つけてしまうとつい保護してしまうのです。
そんな私が援交掲示板を攻略するためにしているコツは「相手の親身になること」です。
何故、この子は家出をしてしまったのだろう・・・何故路頭に迷ってしまっているのだろう・・・そんな話をつぶさに聞いて、彼女たちが自分が置かれている現状に気付くように仕向けてあげるのです。
すると彼女たちは自ら「ご飯を御馳走になっても良いですか。泊めて頂けませんか」と言ってくるのです。私はそう言われれば神様として優しく話を聞きながら、彼女たちを家に泊めないワケにはいかないのです。
基本的に落ち着いた態度を見せながら、援交掲示板を利用すれば、その落ち着きを潜在的に欲求している女性が泊まりにきたがってくれるのです。

長野県に在住している私が、最近になってようやく援交掲示板にいる少女たちを、家に泊めることが出来るようになったのはワケがあります。
最初の頃は全くと言って良い程に相手にされませんでしたが、ちょっとしたコツを掴んでメールの内容を変化させてからは、見事に援交少女が返信してくれるようになりました。
そのコツとは援交少女へのメールの内容をより「あなたのことが心配である」ということを伝えるように、心配の言葉を増やしたことなのです。
それ以前の私のメールは欲望が先に立って「1泊2日で良い?小遣いは出せないけどご飯は出してあげるから。身体はちゃんとよろしくね」なんてメールを送っていたのです。
今にして思えば自分勝手な都合ばかりで相手の立場に立っていなかったと反省しています。これを「嫌なことはしないよ。
お小遣いも渡せるし、寝る場所も別で構わないからね」というメールをベースに、相手の状況を想像しながら、身体を気遣ったり携帯の充電を気遣うような内容に変えたのです。
すると長野県のように比較的援交少女の少ない地域であっても面白いように相手を捕まえることが出来るようになりました。
家にきた少女が「嘘なの?」と言ってきても、気が変わったんだ、嫌なら帰れば良い・・・なんて言えばいいのです。長野県のようなローカル地域では厳しい競争を勝ち抜かなくては援交少女をゲットなど出来ません。
そのための方策の1つとしてこのような手が必要なのです。

援助交際というものに興味を持ったのはもう数年前になります。当時は学生だったのですが、料理が好きだったこともあって、女性に自分が作ったご飯を御馳走したり、一緒に食事をするのが大好きだったのです。
そして神様と呼ばれることの心地よさも手伝って、どんどん援助交際にハマっていきました。しかし鳥取県という場所に住んでいたこともあって、なかなか思った通りに女性を見つけることは出来ませんでした。
サイトなどで東京都の状況などを見たりすると、非常に羨ましいと思えましたし、どうにか鳥取県でも上手く行く方法は無いのか?とそればかりを考えていました。しかし鳥取県という場所に援交少女が少ないのは事実。
半ば諦めかけていた時に、閃いたのが何も鳥取県に縛られる必要は無いのでは無いか?ということでした。そして近隣の県で援助交際をしている援交少女や女性にも声を掛けるようになったのです。
そしてそれは私の想像以上に大成功を収めました。明らかに女性を見つけられる確率が高まったのです。
ここから言えることは、既存の自分の固定観念に縛られず、広い範囲でモノを捉えようという考えを学んだということです。
そして援助交際においては、自分の住んでいるところだけに囚われず、範囲を広げて見ることも大切だということが言えると思っています。

ページ上部に